アスファルト舗装とは...

 アスファルト舗装

アスファルト舗装は、砕石、砂などの骨材とアスファルトを加熱したアスファルト合材を敷き均し転圧して施工するものです。比較的交通量の多い場合は、下部により下層路盤、上層路盤、基層、表層と構成されています。路盤には砕石を用い、合材によって基層と表層を施工します。全体の構成厚は50cm程度であり、合材は上部の10cmほどです。交通量の少ない道路ならば合材は表層のみとなり厚みも5cm程度となります。

 


透水式アスファルト舗装

 

自然地盤と同じように雨水を地中に浸透させることができるアスファルト舗装です。水勾配のとれない状況の場合に効果を発揮いたします。また、車の騒音軽減効果も期待できます。

カラー舗装

 

暖かみと落ち着いた色調が周囲の環境に調和します。施工方法は通常のアスファルト舗装とほぼ同じです。

インターロッキングブロック舗装

 

インターロッキングブロック舗装は、独自の幾何形状に製造された舗装用コンクリートブロックです。ブロックの種類、形状、寸法、敷設パターン、色調及び表面テクスチャーを選ぶことにより、耐久性、安全性、快適性及び景観性に優れた舗装です。